ロードバイクは長距離移動を楽にできるスポーツ自転車として人気ですが、値段も安い自転車から種類もあって選び方に悩む初心者さんも多いです。今回は、なるべく安い・高性能・乗ってて恥ずかしくない人気ブランド・10万円以下・通販購入できる、コスパの良い初心者におすすめなロードバイクをランキングでまとめます。

mirank avatar5

新人ミラ
ちゃんとした可愛いロードバイクがいいな〜

mirank avatar1

編集長
ブランドは大事やで!

ロードバイク初心者におすすめの選び方

ロードバイクを選ぶにはいくつか気をつけたいポイントがあります。

ロードバイクの種類

roadbike crossbike

ロードバイクは、舗装路を長時間高速で走るために、細いタイヤとポジションを自由に変えられるドロップハンドルが特徴のスポーツ自転車です。なかには砂利道や悪路に特化した「グラベルロード」や「シクロクロス」といったジャンルもあります。

ハンドルが真っ直ぐのフラットバーな「クロスバイク」もありますが、5km以上より速く走りたいと思っている人であれば、初心者であっても初めからロードバイクを選ぶことをおすすめします。

フレーム素材と軽さ:最上位はカーボン

ロードバイクでプロも使うフレームが高級で超軽量なカーボン素材です。ロードバイク初心者向けのモデルでは、カーボンの次に軽量なアルミ素材か少し重量はありますが衝撃吸収に優れるクロモリ(スチール)素材がよく使われます。

自転車の世界では重量が軽くなるほど値段が高くなる傾向があります。ママチャリが大体20kg程度ですが、6kgの超軽量なロードバイクになると指1本で持ち上げられるほどで、その分乗り味も軽くなります。

コンポ(ギアなど)のグレード

105

ギアや変速性能に関わる周辺パーツをコンポーネント(コンポ)と呼びます。日本のロードバイクには、ほぼシマノという企業のコンポがついています。シマノのコンポは6〜7つのグレードに分かれていて、それぞれ値段・ギア枚数・変速性能・耐久性・見た目などが異なります。

デュラエース(11速)> アルテグラ(11速)> 105(11速)> ティアグラ(10速)> ソラ(9速)> クラリス(8速)> ターニー(7速)

105がミドルグレードになりますが、初めてのロードバイクならクラリスやソラ以上であれば十分楽しめます。クラリスでも後ろのギアが8枚、前のギアが2枚で合計16速もありたとえ坂道だあうと楽に登れます。また、クラリス以上のコンポであれば、指1本でシフトダウン・シフトアップができる高性能な「デュアルコントロールレバー」になり、操作性が格段によくなります。

※2018年モデル以降に搭載されている新型クラリス(R2000)は、旧モデルより見た目や性能がUPしています。

ブランド:安すぎるロードバイクや中古には注意

ロードバイクは長距離を快適に移動できるだけでなく、速さを競うレースにも使えるため高いものだと100万円以上する高級ロードバイクもあります。5万円以下のロードバイクは、ロードバイクブランドとしての歴史をもつメーカーは少ないので、組み付けや精度が甘く完成度が低いロードバイクがほとんどです。

中古のロードバイクも安くて魅力的ですが、耐久性や細かい傷などがあり愛着がもてない場合が多いで。

最後はデザイン

aero

他にもホイールの性能やフレームの形状など細かい点はたくさんありますが、見た目と色のデザインを重視すると、初めてのロードバイクに愛着がもてて失敗は少ないです。

mirank avatar1

編集長
ディープリムホイールかっけえけど、5万円じゃ絶対買えないから注意な!

10万円以下の初心者におすすめなロードバイクランキング

ビアンキやメリダなど安くてコスパのよい人気ロードバイクをまとめます。

Bianchi VIA NIRONE7 PRO Clarisビアンキ ビアニローネ7プロ クラリス

Bianchi VIA NIRONE7 PRO
Bianchi(ビアンキ)

Bianchi(ビアンキ)は1885年にイタリアで創業した最古の自転車ブランドで、ビアンキの可愛いパステルグリーンはチェレステカラー(イタリア語で「青い空」)人気です。

ビアニローネ7プロはビアンキのロードバイクの中でも一番安いエントリーモデルになります。2019年モデルからケーブルがフレーム内蔵となったので見た目がすっきりしています。

Bianchi VIA NIRONE7 PRO Claris

アルミフレーム+カーボンフォークで衝撃吸収性能が高いうえ、リアギアに34Tの超大型ギア搭載で、足の弱い女性でも楽々坂を登れてサイクリングが楽しくなること間違いなし!

ビアニローネ7プロには8速のクラリス・9速のソラ・11速の105があります。女性男性問わず人気ですぐに在庫がなくなるため、早めにGETしておくことをおすすめします。

スペックを比較する

MERIDA RIDE80 メリダ ライド80

MERIDA RIDE80
MERIDA(メリダ)

MERIDA(メリダ)はコストパフォーマンスのよいロードバイクを作っている世界シェア2位の台湾の自転車メーカーです。ツールドフランスに出場するプロチームにも機材提供をしています。

メリダロードバイクの最安値モデルである「ライド80」は、扁平ステーによる振動吸収性を意識したアルミフレームとフルカーボンフォーク、ワイドレシオなギア比と10kg以下の軽量な車体が特徴です。

ビアンキとくらべて値段も安く、ロングライドもヒルクライムもバランスよくこなせるクラリス搭載のロードバイクとして、しっかり走りたい初心者におすすめの人気ロードバイクです。

スペックを比較する

MIYATA FreedomRoad ミヤタ フリーダムロード

MIYATA フリーダム ロード
MIYATA(ミヤタ)

1890年に創業した老舗自転車メーカーMIYATA(ミヤタ)は、日本で初めてスチール自転車を生産し、ヨーロッパブランドKOGAにもフレームを供給したこともあるクロモリロードバイクの元祖国産ブランドです。

「フリーダムロード」はアルミやカーボンの倍近い振動吸収性をもつクロモリ素材をつかった、細身で水平なホリゾンタルフレームのクラシックなクラリス搭載のロードバイクです。

miyata freedom road2

重量は少しありますが値段も安く、丈夫で頑丈なクロモリフレームは乗り心地がよいので、長距離の通勤通学や街乗りでガシガシ使いたい人におすすめです。

スペックを比較する

FELT FR60 フェルト

FELT FR60
FELT(フェルト)

FELT(フェルト)は「フレームの魔術師」と呼ばれるジム・フェルトが1989年にドイツで創業した自転車メーカーで、トライアスロンバイクなど直線に速いロードバイクを作ることを得意としています。ジム・フェルトは過去に、カワサキやヤマハのバイクのフレームを作っていたことがあります。

FRシリーズは「FAST(速く)、LIGHT(軽く)、SMOOTH(乗り心地の良さ)」を追求したアルミフレームが特徴です。カーボンフォークにクラリスを搭載した「FR60」は値段も安い入門モデルで、おそらく9kg台の軽量なロードレーサーになっています。レースで速さを求める初心者にもおすすめですし、ハンドル中央に補助ブレーキもついているので慣れない人でも安心です。

fr60 felt 2019 3

特にブラックカラーは、デカールがステルスになって、スムース溶接も美しく、かっこいい見た目になっています。ちなみに、「FR30」はコンポが105になったミドルモデルで、「FR60」は、廃盤となりつつあるFELTの人気モデル「F95」の後継機とみられています。

スペックを比較する

LAPIERRE AUDACIO 100 ラピエール アウダシオ100

LAPIERRE AUDACIO 100
LAPIERRE(ラピエール)

LAPIERRE(ラピエール)は1946年に創業したフランスの老舗自転車メーカーです。日本ではなぜかマイナーですが、ツールドフランスのプロチームにも機材供給をしていて、マウンテンバイクやeバイクも作っています。

「アウダシオ100(AUDACIO 100)」は、カーブしたトップチューブが路面からの衝撃を効果的にいなしながら加速性も両立したスピードあるロードレーサーです。

LAPIERRE AUDACIO 100 2019

ラピエール自体日本でも珍しいですが、Selleのサドルに高級感のあるフレンチデザインは初心者用のロードバイクには見えず愛着がもてるでしょう

クラリス搭載のアルミフレームにカーボンフォーク、リア34Tの大型ギアでどんな激坂も制覇できる、バランスのよいおすすめロードバイクです。

スペックを比較する

GIOS SIERA ジオス シエラ

GIOS SIERA
GIOS(ジオス)

GIOS(ジオス)は1948年にトリノで創業した伝統あるイタリアの自転車ブランドです。フレーム作りにこだわり、鮮やかなジオスブルーはストリートで大人気です。

GIOS SIERA

そんなジオスの「シエラ」は、重量9.6kgの軽量なアルミフレームにカーボンフォークを搭載したレーシングなクラリスロードバイクです。ホワイトカラーもあり、ロードレーサーながら街でも気軽に使えるおしゃれなネオクラシックなデザインが特徴です。

スペックを比較する

GT GRADE ジーティー グレードアロイコンプ

GT GRADE
GT(ジーティー)

GT Bicycles(ジーティー バイシクル)は1979年にゲイリー・ターナーが作ったアメリカのMTB(マウンテンバイク)です。

GTの「グレード」は33cの極太タイヤを装着したオフロードもいけるグラベルロードバイクです。重量は他のロードバイクよりありますが。「ディスクブレーキ」という雨や泥の影響も受けにくい制動力の強いブレーキも装備。

クラリスもしっかり搭載して値段も安く、ロードバイクとクロスバイクのいいとこどりをした最強の通勤自転車となるでしょう。

スペックを比較する

FUJI FEATHER フジ フェザー

FUJI FEATHER
FUJI(フジ)

ロードバイクとは違いますが番外編として、日本の逆輸入ブランドFUJIが誇る大人気ピストバイク「フェザー」も気になります。

ピストバイクとは変速ギアがない競輪自転車のようなトラックレーサーのこと。「フェザー」はエアロなクロモリフレームのクラシカルな見た目が街で大人気となりました。

FUJI FEATHER 2019

ギアチェンジができないので、坂道はきつくロングライドには向きませんが、平坦の短距離移動や気軽なサイクリングにはおすすめなクロモリロード(ピスト)です。

スペックを比較する

10万円以下最新ロードバイクのスペック比較表一覧

商品画像商品名おすすめフレーム・フォーク材質コンポ重量実勢価格リンク
Bianchi-VIA-NIRONE7-PRO-2019ビアンキ VIA NIRONE7 PRO Claris可愛さと性能が両立した人気イタリアンロードバイク!アルミ+カーボンフォーククラリス(8速)-10万円前後詳細を見る
merida-ride80-2019メリダ RIDE80ロングライドに向きコスパもいい!アルミ+カーボンフォーククラリス(8速)9kg台?7万円〜8万円詳細を見る
miyata-freedom_roadミヤタ フリーダム ロード頑丈な乗り心地がよいクロモリロード!クロモリクラリス(8速)12.2kg6万円詳細を見る
fr60-felt-2019フェルト FR60入門モデル最速?のロードレーサー!アルミ+カーボンフォーククラリス(8速)9kg台?7万円〜8万円詳細を見る
LAPIERRE-AUDACIO-100-2019-2ラピエール AUDACIO 100珍しいフランスのおしゃれな名門ブランド!アルミ+カーボンフォーククラリス(8速)9kg台?7万円〜8万円詳細を見る
GIOS-SIERA2ジオス SIERAイタリアのおしゃれなジオスブルーが街でも存在感!アルミ+カーボンフォーククラリス(8速)9.6kg7万円詳細を見る
GT-GRADE-ALLOY-CLARISGT GRADEちょっとした砂利道のオフロードも走るグラベルロード!アルミクラリス(8速)10~11kg?7万円〜8万円詳細を見る
FUJI-FEATHER-2019-2【番外編】フジ FEATHER街乗りピストのど定番!クロモリシングルスピード9.2kg5万円〜6万円詳細を見る

ロードバイクの持ち物や装備について

mirank avatar5

新人ミラ
ビアンキちゃん絶対買う!

mirank avatar1

編集長
ロードバイク買ったら備品も揃えてあげてな〜

LEZYNE(レザイン) HECTO DRIVE 350XL / STRIP DRIVE セット[並行輸入品]
Lezyne
Sponsored link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事